一般社団法人 日本写真作家協会 Web写真展  Japan Photographers Association

2013年1月17日掲載



丹羽 諭
Satoshi Niwa


No.388



366-0041 深谷市東方3738-57
電話・FAX 048-575-1429   携帯 090-3507-2494
E-mail: s.niwa@nifty.ne.jp






2006年のNHK大河ドラマ「功名が辻」放映の翌年、高知市内でタクシーの運転手さんに「坂本龍馬と山内一豊とどちらが人気ありますか?」と訪ねたら「そりゃあ龍馬だ。山内家は余所者だから」と言ったのには驚いた。400年経っても余所者・・・これぞ土佐の「いごっそう」なのかと妙に感心した。


2010年7月に再び高知に行った。この年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」で山内容堂が登場した御殿「壊徳館」は川越城本丸御殿と同じく江戸期の本丸御殿である。城は関ヶ原合戦で徳川方に付いた山内一豊が、慶長6年(1601)遠州掛川から転封して2年後に完成させた平山城だ。享保12年(1727)に焼失して、現在の建物は寛延2年(1749)の再建である(城は国指定重要文化財。敷地は国史跡。高知市丸の内1-2-1)。


市内を歩くと市電のカラフルさについカメラを向けたくなる。桂浜で龍馬像を見て「坂本龍馬記念館」に行ったが残念ながら撮影は不可だった。今回の写真は2010年7月撮影分。


使用カメラ:ニコン D90, レンズ:DX18-200mm



 高知城と市電   Kochi Catsle and Trams

各画像をクリックすると拡大表示します。Click to enlarge.  
各作品の著作権はすべて撮影者に帰属します。
二次使用は固くお断りいたします。

01 天守閣と追手門 追手門は城の表門。

02 門扉

03 板垣退助像 追手門を入ってすぐ市内を見下ろして建つ。退助の家は甲州武田家の重臣、板垣信方の末裔といい、江戸時代は「乾」姓を名乗っていたが、幕末戊辰戦争の時に板垣姓に復した。

04 高石垣

05 天守閣

06 高石垣

07 詰門 二階が家老・中老の詰所。

08 石垣と天守閣

09-12 本丸御殿


09 本丸御殿

10 本丸御殿 御座所

11 本丸御殿

12 本丸御殿

13

14

15

16 黒鉄門と狭間塀

17 山内一豊像 追手門の外にある。

18 野中兼山邸址 兼山は2代藩主忠義の時、奉行として藩政改革に取組んで業績を上げたが、3代藩主忠豊の代で失脚した。この付近に屋敷があった。

19-27 市電


19 市電

20 市電

21 市電

22 市電

23 市電

24 市電

25 市電

26 市電

27 市電

28 はりまやはし

29 桂浜「坂本龍馬像」

30 桂浜


Copyright © Satoshi Niwa and Japan Photographers Association 2013. All rights reserved.